古物商許可取得にかかる費用

古物商の許可を取得するには、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

ご自身で古物商の許可申請をする場合、専門家に依頼する場合、それぞれどれくらいかかるのでしょうか?

1、必ず掛かる費用

古物商の許可を取得する場合、必ず申請先(この場合は、営業所の所在地の警察署)に一定の申請料を支払います。

この申請料は、全国一律に19,000円となります。

2、申請に必要な書類の収集費用

古物商の許可を取得する場合、申請書にいろいろな証明書が必要となります。

この必要な証明書を取得する場合、以下のような費用が掛かります。

  • 住民票・・・・・・・  300円(1部に付き)
  • 登記されて証明書・・  300円(1部に付き)
  • 身分証明書・・・・・  300円(1部に付き)

上記の証明書は、法人申請なら 以下の方

  • 法人の役員等
  • 管理者が役員以外の方は、管理者になるべき方

個人の申請の場合、申請者本人。ただし、未成年者で、法定代理人から営業の許可を受けて申請する場合は、法定代理人の方も必要。

法人申請のみ必要なもの

法人の登記事項証明書・・・ 600円

以上のような証明書が必要となり、その証明書の取得に費用が掛かります。

3、専門家の依頼料

もし、あなたが、専門家に古物商の許可取得を依頼した場合、掛かるでしょうか。

一概にどのくらいの費用が掛かると断言できませんが、(インターネット等を調べるとわかるかも)

2万円~4万円くらいの費用が掛かると思います。

しかし、専門家に依頼する場合には、掛かる費用分、あなたにメリットがある事は確かです。

あなたが、古物商の許可を申請しようと考え、申請方法等を色々調べた結果、専門家に依頼するか、

又は自分で申請するか、判断してください。

4、まとめ

古物商の許可を取得しようとする場合、必ず一定の費用(おおよそ2万円)が掛かります。

法人か、個人かの違い、営業所をどこにするかによっても、多少の違いが出ます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)